エイブルネットワーク上越高田店
09:00~18:00
毎週水曜日 第三日曜日
2019年08月17日
ブログ

勝手に木を切る

こんにちは。

エイブルネットワーク上越高田店の笹川です。

 

お盆の前にとある会社さんから連絡がありました。

私の母が所有する山の木を数本頂きたい、というのです。

山を管理する意味で間伐したいということが一番の理由のようですが、

間伐した木をチップに加工して燻煙材にしたいというのも理由のようです。

勝手に切られるよりはいいということで、先日両親が立ち会ってきました。

そこはキャンプ場がある綺麗な池が近くにありますが、

あまり人気の多い場所と言えません。

間伐は少しの時間で終わり、間伐した木は業者の方が運んで行かれました。

そのあとで周囲を見て回りましたがおかしな点はありませんでした。

特に問題もなく、ほっと胸をなでおろしました。

 

というのも、過去に別の場所で勝手に木を切られたことがあるのです。

崖沿いに生えた木だったのですが、とても素人の仕事とは思えず、

近くの人に聞き込みした結果、

怪しい中国人が辺りをうろついていたことがわかりました。

後にも先にもそれきりで同様の事件は起きていませんが、

普段常駐していない山だけにいつ何時、同じことが起こるとも限りません。

実はこの時の被害は切られた木だけではありませんでした。

その木が生えるすぐ下にはアケビの木がありました。

アケビは紫もしくは白の実で、

中には半透明な果肉が種とともに詰まっていて、

冷やして食べると官能的なまでにおいしい果物ですが、

実はもう一つあるものが採れるのです。

そのあるものは春に採れ、被害にあったのも春で時期は一致するのですが、

荒らし方がそれ目当てとは程遠い状況でした。

恐らく、目当ての木に行くために邪魔だったからでしょうが、

いくつかの蔓が引きちぎられていて、無残極まりない状況でした。

尤も、その目当ての木もはっきり言って雑木であって、

そこまで価値のある木ではありません。

なぜそこまでして欲しかったのか、答えが浮かびません。

とは言え、勝手に分け入り、荒らし、木を切って持っていくというのは

いくら何でも非常識です。

どうしても欲しいというのであれば、まず連絡してほしいところです。

近所の人に聞くとか、しかるべきところに届け出れば連絡は付くはずですから。

 

人の敷地で好き勝手をしてはならないというと、

賃貸物件も同じことが言えます。

ご理解いただけているとは思いますが、

賃貸物件で敷地内にある木を邪魔だからと言って

勝手に切ることはできません。

室内の壁や間取りや床を勝手に改装するのも同様です。

DIYが可能な物件であっても、まずは相談が必須となるはずです。


何か問題があるのであれば

まずはオーナー様か管理会社へ連絡することを徹底してください。

そうでなければお互いに思わぬ大怪我に見舞われることでしょう。

 

今日はここまで。

笹川でした。

arrow_upward