エイブルネットワーク上越高田店
09:00~18:00
毎週水曜日 第三日曜日
2019年05月21日
ブログ

蚕起桑食

こんにちは。

エイブルネットワーク上越高田店の笹川です。

5月21日から、二十四節気は「小満(しょうまん)」、七十二候ですと「蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)」になりましたね。

 

二十四節季?

七十二候?

何を言っているんだ?

という方に一応補足を。

 

二十四節季というのは、春夏秋冬のそれぞれひと季節ごとを6つの区分に分けたもの。

七十二候というのはそれらひと区分ごとをさらに初候・次候・末候の3つに分けたもの。

簡単に言うと季節・時期をより細かく記したものになります。

 

それで、5月21日からは二十四節季は「小満」、七十二候は初候「蚕起桑食」になったわけです。

「小満」は「あらゆるものが成長して大地に広がる」といった意味で、「蚕起桑食」はそのまま「蚕が桑の葉を食べて成長するころ」という意味になります。

あらゆるものが成長するのは良いことですが、それは同時に賃貸管理においては草が伸び、虫が出始めるということに繋がります。

入居者様が安心して生活が送れるように、草を刈り、虫対策を始めていかねばならない時期ということで、元気に頑張っていきます。

 

今日はここまで。

笹川でした。

 

 

arrow_upward